ようこそゲストさん

メニュー

進め方の目安5、6か月頃

お子さまの様子をみながら、1日1回1さじずつから始めましょう。
母乳やミルクは飲みたいだけ与えましょう。

お子さまがゴックンと食べものを飲み込む練習をする時期です。

進め方のポイント

離乳開始後約1か月間 1日1回食を始めましょう

  • お子さまの機嫌や健康状態のよい時に始めましょう。
  • 初めて与える食品は1日1品1さじから始めましょう。
  • 与えるのは午前中の授乳前が適しています。
  • なめらかにすりつぶした状態のものから始めます。つぶしがゆから始め、すりつぶした野菜なども試してみます。慣れてきたら、つぶした豆腐・白身魚などを試してみましょう。
  • 食べ物を口から出してしまう時は、少量を下唇の上にのせるようにしてみましょう。

離乳開始して1か月をすぎた頃から1日2回食に進めましょう

  • 新しい食品は午前中に、慣れた食品は午後に与えましょう。
  • 2回目は、1回食の1/3量から始め、徐々に増やしましょう。
  • 形態はなめらかにすりつぶした状態のまま徐々に食品の種類、量を増やしましょう。

与え方の一例

調理形態

火を通し、なめらかにすりつぶした状態にしましょう。(ヨーグルト程度)固さに迷った時には、裏ごしタイプのベビーフードも参考になります。

大きさ・かたさ

1回に与える食品の扱い方

進め方と目安量の一例

母乳、ミルク、離乳食の量はあくまでも目安です。お子さまの食欲や、成長・発達の状況に応じて調整しましょう

離乳食の進め方トップへ

5,6か月頃におすすめのベビーフード

ページトップへ

  • CLOSE「らくらくまんま」モニターキャンペーン

アサヒグループ食品和光堂製品はアサヒグループ食品が販売しています。

© Asahi Group Foods, Ltd.