和光堂

ようこそゲストさん

一人ひとりのカタチがわかる 授乳のはなし一人ひとりのカタチがわかる 授乳のはなし

粉ミルクのはなし粉ミルクのはなし

母乳では足りないときや、働くママに必要な粉ミルクについて、基本知識をおさえておきましょう。
※ここでいう粉ミルクとは特別用途食品の「乳児用調製粉乳」のことです。

粉ミルクは何でできている?

粉ミルクは牛乳成分でできています。
牛乳をそのまま加工しているのではなく、有効な成分を取り出して、
人間の赤ちゃんに最適と考えられる成分配合で作られています。
粉ミルクは母乳の代替品として、それを飲むだけで赤ちゃんがある時期までは育たなければなりません。
そのため下の表のように、「乳児用調製粉乳たる表示の許可基準」といって、
法律で基本の成分と分量が決められているのです。
ここで定められている成分以外に、母乳を参考にした成分も多数含まれています。
たとえば和光堂の「はいはい」には「DHA」「アラキドン酸」「5種類のヌクレオチド」
「ガラクトオリゴ糖」「ラクトフェリン」「β‐カロテン」が配合されています。
今後も科学や技術の進化で、母乳にさらなる成分が発見されれば、粉ミルクも進化していくでしょう。
だから、粉ミルクだけでも赤ちゃんは十分育つので、母乳が出ないママも安心してください。

乳児用調製粉乳たる表示の許可基準

標準濃度の熱量(100ml当たり)
60〜70kcal
成分 100kcal
当たりの組成
たんぱく質
(窒素換算係数6.25として)
1.8〜3.0g
脂質 4.4〜6.0g
炭水化物 9.0〜14.0g
ナイアシン※1 300〜1500µg
パントテン酸 400〜2000µg
ビオチン 1.5〜10µg
ビタミンA※2 60〜180µg
ビタミンB₁ 60〜300µg
ビタミンB₂ 80〜500µg
ビタミンB₆ 35〜175µg
ビタミンB₁₂ 0.1〜1.5µg
ビタミンC 10〜70mg
ビタミンD 1.0〜2.5µg
ビタミンE 0.5〜5.0mg
葉酸 10〜50µg
成分 100kcal
当たりの組成
イノシトール 4〜40mg
亜鉛 0.5〜1.5mg
塩素 50〜160mg
カリウム 60〜180mg
カルシウム 50〜140mg
0.45mg以上
35〜120µg
ナトリウム 20〜60mg
マグネシウム 5〜15mg
リン 25〜100mg
α-リノレン酸 0.05g以上
リノール酸 0.3〜1.4g
カルシウム/リン 1〜2
リノール酸/α-リノレン酸 5〜15
成分 100kcal
当たりの組成
成分 100kcal
当たりの組成
たんぱく質
(窒素換算係数6.25として)
1.8〜3.0g イノシトール 4〜40mg
脂質 4.4〜6.0g 亜鉛 0.5〜1.5mg
炭水化物 9.0〜14.0g 塩素 50〜160mg
ナイアシン※1 300〜1500µg カリウム 60〜180mg
パントテン酸 400〜2000µg カルシウム 50〜140mg
ビオチン 1.5〜10µg 0.45mg以上
ビタミンA※2 60〜180µg 35〜120µg
ビタミンB₁ 60〜300µg ナトリウム 20〜60mg
ビタミンB₂ 80〜500µg マグネシウム 5〜15mg
ビタミンB₆ 35〜175µg リン 25〜100mg
ビタミンB₁₂ 0.1〜1.5µg α-リノレン酸 0.05g以上
ビタミンC 10〜70mg リノール酸 0.3〜1.4g
ビタミンD 1.0〜2.5µg カルシウム/リン 1〜2
ビタミンE 0.5〜5.0mg リノール酸/α-リノレン酸 5〜15
葉酸 10〜50µg

※1 ニコチン酸及びニコチンアミドの合計量

※2 レチノール量

※   ここでいう粉ミルクとは特別用途食品の「乳児用調製粉乳」です。

※   熱量とは、エネルギー(カロリー)のことです。

ちなみに、日本で最初に粉ミルクを作ったのは実は和光堂。
1917年(大正6年)に「キノミール」という牛乳成分を薄めて糖質などを添加して
粉末化したものを発売しました。
当時としては画期的な製品でしたが、まだ母乳や牛乳の成分について
現在のように多くがわかっていなかったため、牛乳をそのまま薄めて使っていました。

和光堂ミルクの歴史

ページトップへ