和光堂

ようこそゲストさん

わこちゃんカフェ

妊娠おめでとう! 妊婦さんのお食事ガイド 妊娠おめでとう! 妊婦さんのお食事ガイド

妊娠中の食事はおなかの赤ちゃんの発育にも関わったり、妊娠中の母体が敏感に反応しやすいものがあるため、少しだけ注意が必要です。

妊娠中に気になる食材OK/NGリスト

食べ物編

  • 妊娠中でも大丈夫なもの
  • 胎児や妊婦に悪影響を及ぼす成分が含まれている場合
  • 成分そのものは大丈夫だが、食べ過ぎによって妊婦の体調に影響を及ぼす場合
  • 妊娠中は食べたり飲んだりしない方がよいもの
  • プロセスチーズ

    プロセスチーズは加熱処理されて作られているのでそのまま食べても問題ありません。ただし塩分が多いので、食べ過ぎると血圧が上がりやすくなり、むくみの原因にもなるので、量や回数に注意しましょう。

  • カロリーオフ甘味料

    カロリーオフの人工甘味料は、体重増加過剰や妊娠糖尿病など甘いものを控える食事療法で必要な人には使うことをおすすめしています。食事コントロールの必要がない人は、積極的に取る必要はないでしょう。また、多く摂りすぎると便がゆるくなる場合もあるので、摂る量には注意が必要です。

  • はちみつ

    妊娠中にはちみつを食べてもまったく問題はありません。1歳未満の子どもはボツリヌス菌の感染の危険性があり、食べさせない方がよいとされていますが、妊婦さんが食べたはちみつのボツリヌス菌が胎児に行くことはありませんが、多く摂りすぎると体重増加につながります。

  • 料理酒

    調理する際に十分に火を通してアルコールを飛ばしていれば問題ないでしょう。

  • ミナミマグロ(インドマグロ)、マカジキ、ユメカサゴ、キダイ

    これらの魚には水銀が含まれており、胎児の発達に影響を与えるため、妊娠中は1回80gを週2回までと摂取量の基準が定められています。(80gはおおよそ、切り身1切れ)

  • キンメダイ、クロマグロ(本マグロ)、メカジキ、メバチ(メバチマグロ)

    これらの魚には水銀が含まれており、胎児の発達に影響を与えるため、妊娠中は1回80gを週1回までと摂取量の基準が定められています。(80gはおおよそ、切り身1切れ)

  • うなぎ

    ビタミンAが豊富なため、妊娠初期は摂りすぎると赤ちゃんの形態異常を引き起こす可能性があります。市販のうなぎの蒲焼き(約100g)を毎日食べると摂りすぎになりますが、週1回程度なら問題ないでしょう。

  • レバー

    ビタミンAが非常に豊富なため、妊娠初期は摂りすぎると赤ちゃんに影響が出る可能性があります。市販の鶏レバーの焼き鳥1本(約25g)だけでも1日の耐容上限量を超えてしまうのですが、1回食べたらすぐ危険ということではないので、週に1回1本までなら問題ないでしょう。

  • 昆布・ひじき

    昆布はヨウ素が多く含まれており、ヨウ素の過剰摂取は胎児の甲状腺機能を低下させるため、毎日食べるなどの食べ過ぎには注意しましょう。
    ひじきはヒ素が含まれ、食べ過ぎると健康被害をもたらす恐れがあるため、妊娠中は乾燥ひじきを5gを週2回までにしましょう。

  • 貝・甲殻類

    十分に火を通せば食べても問題ないですが、食中毒を防ぐために、貝のお刺身など生で食べるのは避けましょう。

  • 加工肉(ウィンナ、ハム)

    加熱処理された加工肉であれば問題ないでしょう。ただし塩分が多いので、食べ過ぎると血圧が上がりやすくなり、むくみの原因にもなるので、食べるときの量や回数に注意しましょう。

  • インスタント食品

    基本的には食べても問題ありませんが、カップラーメンなどは塩分や油分が多いので、食べ過ぎると血圧が上がりやすくなり、むくみの原因にもなるので、量に注意しましょう。また、添加物が多く、炭水化物や脂質以外の栄養素がほとんど摂れないため、たんぱく質や鉄不足になる可能性があります。食事の偏りを防ぐためにも、食べる時の量や回数に注意しましょう。

  • キムチ・辛い料理

    辛いものは基本は食べても大丈夫ですが、極端に辛いものは胃に負担がかかるため、妊婦さんの体調管理のうえでは食べ過ぎには注意したいものです。

  • スナック菓子

    基本的には食べても大丈夫ですが、スナック菓子は塩分や油分が多いので、食べ過ぎると体重が増えすぎたり、血圧が上がりやすくなり、妊娠高血圧症候群になりやすくなったり、むくみの原因にもなるので、食べる時の量や回数に注意しましょう。

  • 唐辛子・タバスコ

    辛いものは基本は食べても大丈夫ですが、極端に辛いものは胃に負担がかかるため、妊婦さんの体調管理のうえでは食べ過ぎには注意したいものです。

  • 刺身・魚卵

    妊娠中は妊婦さんが食中毒を起こすと胎児に影響を与えます。食中毒を防ぐために、生魚は食べないようにしましょう。魚卵も同様で、魚や魚卵を食べる際は必ず十分に火を通しましょう。

  • 生肉(生ハム、レアステーキ、ユッケなど)

    妊娠中はリステリア菌が胎児に影響を与えるため、生肉は食べないようにしましょう。食べる際は必ず十分に火を通しましょう。

  • ナチュラルチーズ

    妊娠中はリステリア菌が胎児に影響を与えるため、加熱処理されていないナチュラルチーズは、そのままでは食べないようにしましょう。ピザに使うなど火を通した調理法なら問題ないでしょう。

  • 生卵

    妊娠中は妊婦さんが食中毒を起こすと下痢や嘔吐の症状が出たり、胎児に影響を与える可能性があるため、生卵は食べないようにしましょう。食べる場合は卵焼きなど十分に加熱処理しましょう。

プレママにおすすめコンテンツ

  • プレママレシピ
  • 妊娠生活BOOK

ニンプさんのお食事ガイドトップへ戻る

ページトップへ