和光堂

ようこそゲストさん

わこちゃんカフェ

妊娠おめでとう! 妊婦さんのお食事ガイド 妊娠おめでとう! 妊婦さんのお食事ガイド

妊娠中の食事はおなかの赤ちゃんの発育にも関わったり、妊娠中の母体が敏感に反応しやすいものがあるため、少しだけ注意が必要です。

妊娠中に気になる食材OK/NGリスト

飲み物編

  • 妊娠中でも大丈夫なもの
  • 胎児や妊婦に悪影響を及ぼす成分が含まれている場合
  • 成分そのものは大丈夫だが、食べ過ぎによって妊婦の体調に影響を及ぼす場合
  • 妊娠中は食べたり飲んだりしない方がよいもの
  • 麦茶

    麦茶はカフェインを含みませんので、飲んでも大丈夫です。

  • コーヒー

    カフェインは胎児の発育が阻害される可能性があるため、1日にコーヒーカップ1、2杯程度にし、飲みすぎに注意しましょう。カフェインレスコーヒーを飲むのも良いでしょう。

  • 日本茶

    緑茶にもカフェインが含まれるため、コーヒー同様飲みすぎに注意しましょう。1日に3、4杯程度にしましょう。濃いお茶は控えめに。ペットボトルなら1本(500ml)が目安です。

  • ウーロン茶

    ウーロン茶にもカフェインが含まれるため、コーヒー同様飲みすぎに注意しましょう。1日に2、3杯程度にしましょう。濃いお茶は控えめに。ペットボトルなら1本(500ml)が目安です。

  • 紅茶

    紅茶にもカフェインが含まれるため、コーヒー同様飲みすぎに注意しましょう。1日にティーカップ2、3杯程度にしましょう。

  • ハーブティー

    ハーブティーは種類によって、ハトムギやカモミールのように子宮収縮作用のあるものは妊娠中には飲まない方がよいとされています。購入する際に「妊婦さんにもOK」の表示があるか、またはお店の人に妊娠中に飲んでも大丈夫か尋ねてからにしましょう。

  • 炭酸飲料(加糖)

    コーラはカフェインが入っているので飲み過ぎに注意しましょう。それ以外の加糖の炭酸飲料も意外と糖分が多いので、体重増加つながるため飲み過ぎないように。のどごしが気分転換にはなるので、適度に飲む分には問題ないでしょう。

  • 甘酒

    甘酒には酒粕で作られたものと、こうじから作られたものの2種類があり、酒粕で作られた甘酒はアルコールが残っているので妊娠中は避けましょう。こうじから作られた甘酒はアルコールが入っていないものは飲んでも大丈夫ですが、糖分が多いので体重増加につながるため飲み過ぎないように。念の為、購入の際に表示をきちんと確認しましょう。

  • ノンアルコールビール

    0.00%のものは飲んでも問題ありませんが、「0%」とうたっていてもアルコールをごく少量含んでいるものがあるので、購入の際に表示をきちんと確認しましょう。また、念のため産科の先生に相談してから飲むようにしましょう。

  • ココア

    カフェインの含有は少ないので基本は飲んでも問題ありませんが、甘いココアを飲む場合は飲み過ぎると体重増加につながるため、量はほどほどに。

  • カロリーオフ飲料

    基本的には大丈夫ですが、カロリーオフ飲料は人工甘味料を使っている製品が多く、甘味料が気になる人は特に、いつも同じ製品を多量に飲むのは控えましょう。また、カロリーオフでも飲み続けると甘いものを飲む習慣がついてしまうので、たまに飲む程度にしましょう。

  • アルコール飲料

    アルコールは胎盤を通して赤ちゃんに届き、胎児の成長や発達に影響がある可能性があるため、妊娠中は飲まないのが基本です。

  • 栄養ドリンク(滋養強壮剤)

    必ず製品の成分を確認しましょう。種類にもよりますが、カフェインやアルコールが入っているものは、妊娠中は基本飲まない方がよいでしょう。

プレママにおすすめコンテンツ

  • プレママレシピ
  • 妊娠生活BOOK

ニンプさんのお食事ガイドトップへ戻る

ページトップへ