和光堂

ようこそゲストさん

赤ちゃんの鉄補給 監修:管理栄養士 太田百合子先生 鉄は赤ちゃんの成長にとって大切な栄養素ですが、赤ちゃんに鉄補給は必要でしょうか。また、いつからどのように補給するといいのでしょうか。

鉄補給を意識しましょう

母乳やミルクには、赤ちゃんに必要な栄養や病気から守るために必要な成分が過不足なく含まれているので、すくすく育っていきます。成長の著しい5〜6か月頃からは、離乳食を加えて形のあるものを知り、やがて大人に近い食事を食べるようになります。

生後5か月頃になると、体内に蓄積された鉄が欠乏し始めるので、鉄を意識しながら離乳食を開始します。早産児や低出生体重児の場合は、生後3〜4か月頃から欠乏しやすく、母乳育児の場合は、母乳中の鉄含有量が少ないために、生後6か月の時点で鉄欠乏を生じやすいことが知られています。さらに、生後9か月以降になると離乳食の進み方が芳しくなく、鉄が不足すると、「鉄欠乏性貧血」になることがあります。

鉄が多く含まれる食品数を増やしたり、鉄入りのベビーフードの利用や、育児用ミルク・フォローアップミルクをレシピに活用する等、上手に鉄を補っていきましょうね。

赤ちゃんの月齢や性別によって必要な鉄の量が
変わってきます。
1日に必要な量と目標値は
下の表を参考にしましょう。

赤ちゃんに必要な鉄の量

※「日本人の食事摂取基準(2020年版)」生後6か月〜2歳の鉄の推奨量・推定平均必要量を抜粋

何から鉄をとるといいの?

母乳やミルク、牛乳からはどのくらい鉄を
摂取できるのでしょうか。
また食品の鉄含有量に関してもご紹介します。

母乳やミルク、牛乳に含まれる鉄の量

母乳やミルク、牛乳に含まれる鉄の量

※1 「授乳・離乳の支援ガイド(2019年改訂版)実践の手引」を抜粋
※2 自社調べ

牛乳にはカルシウムとリンがたっぷり含まれています。カルシウムとリンは鉄と結合して不溶性の複合物をつくるため、腸からの鉄吸収を阻害してしまいます。また、牛乳を多飲すると腸管アレルギーのひとつとされる消化管出血(鮮血)が見られ、さらに鉄の損失を招くという報告もあります。これらの理由などから鉄欠乏症(牛乳貧血)になることがあり、離乳食の料理素材として入れる程度であれば問題ありませんが、飲用は1歳を過ぎてからとされています。

食品の鉄含有量

食品の鉄含有量

※「授乳・離乳の支援ガイド(2019年改訂版)実践の手引」を抜粋

レバーには多くの鉄が含まれていますが、1日の鉄推奨量をレバーだけで摂取するのはお勧めできません。量的にも乳児には多すぎますし、ビタミンAの耐容上限量を超過してしまいます。いろいろな食材を組み合わせて鉄を摂取するのが理想ですが、食品からは摂りきれないことが多いので、ベビーフードやフォローアップミルクを上手に取り入れて鉄を補給しましょう。

フォローアップミルクをうまく活用しよう

鉄が添加されているフォローアップミルクを離乳食の食材に使うのはおすすめです。母乳育児中の場合も取り入れやすく、続けやすい方法です。母乳栄養児の鉄やビタミンDの補給に利用する場合は、1日1回1さじからはじめましょう。

赤ちゃんの鉄を欠乏させないために、離乳食の栄養バランスを考えましょう!

便利な商品も使って、離乳食でバランスよく鉄補給。 ※鉄の摂りすぎには注意しましょう!

おやつや飲料はこちら