プレママ日記

妊娠中のママがおなかの赤ちゃんとの成長記録を公開中!

※日記の内容は、ライター個人の意見です。体調変化等の実感には個人差があります。

病院選びについて

2017.09.06

ニックネーム: らむさん
妊娠週:36週
プロフィールを見る


病院選びについて


今日から臨月に入りました。
助産師さんからは、これからは蹲踞姿勢での床拭きや胡座で下半身を鍛えておくことと、痛くなくなるまで乳頭マッサージをしておくよう言われました。


妊娠判明から3つのクリニックおよび病院に通ったのですが、病院毎に方針が違ったので軽くまとめておきます。


1:婦人科
最初に妊娠判定のため訪れたのは、産科のない婦人科でした。
その後お世話になろうと思った産科の系列なので、スムーズに移行できました。
メリットとしては産科より空いていること、風邪の時でも診てくれること(産科の場合、他の妊婦さんや乳幼児に配慮して診察をお断りされる場合があります)。
デメリットとしては、エコーの性能が悪い場合があること、母子手帳を貰うあたりの段階で転院が必要なことくらいでした。


2:大きめの個人病院(産婦人科、小児科)
9wで母子手帳を貰った後からお世話になりました。
ちなみに里帰りが決まっていたので、この段階で里帰り先の産院に予約しました。
里帰り先の産院と比べたメリットは、クリニックではなく病院なのでスタッフや医師も多く、診察がスムーズであること。最長でも待ち時間は30分ほどでした。
また、医師の数が多いことで、他の医師が気づかなかった異常に気づきやすい、というメリットもあります。
この病院では23週を過ぎたあたりからスクリーニング検査を必ず行っていました。
もちろん、性別や異常を知らせてもらうか否かは患者側が選べます。
お産は無痛分娩には対応していないようですが、ソフロロジーを取り入れていました。
また、看護師さんも多く常に待合いフロアに1人以上の看護師さんが常在しているため、体調不良などを訴えやすいこと、上の子達を連れて診察室に入る必要がなく、待合いに待たせておけることもいいと感じました。
デメリットとして、患者数が多いため診察があっさりしていること。エコーも2~3分程度で終わります。
4Dエコーは20分近く行い、軽くスクリーニングのようなチェックもしてくれる上、写真を15枚近くもらえますが、有料(1回3000円、見られない場合は無料)でした。
このあたりは病院によって大きく変わるようです。
また、緊急手術が必要なお産にも対応しているため安心ですが、その分産科の診察開始時間が遅れることもありました。
ちなみにここでお産をすると、基本的に42万円以内に収まるようです。


3:個人クリニック(産婦人科、小児科)
里帰り先の産院です。34w以降にお世話になっています。
特長としては、開院から1~2年であること、無痛分娩を推奨していること。
メリットは、設備が全て新しいこと。前の病院と比べ、どの部屋にも4Dエコーも見られるエコーが設置されています。
また、エコー録画サービスに対応しているため、初回のみ1500円でカードを作ると、追加料金無しで2D、4Dエコーを録画してくれます。
エコーや診察も毎回20分ほどじっくり行い、丁寧な印象です。
デメリットとして、まず待ち時間の長さ。2時間は平気で待ちます。
前述の通り、1人につき20分の診察で診察室は2つしかないため、回転はかなり悪いです。
助産師外来やNSTなどの検査が入ると、3~4時間は拘束されます。
実際、昨日の健診は10時30分にクリニックに入り、出てきたのは14時過ぎでした...。
他に、緊急を要するお産になってしまった場合、総合病院への転院が必要であることもデメリットとして挙げておきます。
こちらで出産すると、6万~10万ほど足が出てしまうようです。また、無痛分娩を選択した場合はプラス10万~15万ほどオプション料金がかかります。


まとめと言いつつ長々と書いてしまいましたが、私の感想としては、待つのは仕方ないので診察が丁寧な方がいいかな、という印象でした。
これから産院を選ばれる方、転院を考えている方などの参考に少しでもなれば...!
特に4Dエコーは大きく異なるので、料金体制などを調べてから選ばれることをオススメします!


ちなみに35w6dでのうちの胎児(♂)の体重は2620gでした...おっきい!

コメント

コメントはありません

コメントを投稿

<システムメンテナンスのお知らせ>
2019年10月18日(金)15時以降にいただいたご投稿は、11月19日(火)より順次対応させていただきます。予めご了承ください。
コメントは、2019年10月21日(月)15時~11月20日(水)9時まで受付を停止させていただきます。
なにとぞご了承いただきますようお願い申しあげます。

ページトップへ

アサヒグループ食品和光堂製品はアサヒグループ食品が販売しています。