プレママ日記

妊娠中のママがおなかの赤ちゃんとの成長記録を公開中!

※日記の内容は、ライター個人の意見です。体調変化等の実感には個人差があります。

☆29週☆高齢出産について☆

2017.06.20

ニックネーム: たっきーさん
妊娠週:29週
プロフィールを見る


米を炊き味噌汁を作るより、そうめんばかり食べたい季節になってきました。
相変わらず少し歩くと息切れしてしまう36歳の初妊婦です。
私の母は私を出産したのは25才のとき。
妊娠8ヶ月まで働いていたけど全然息切れなんてしなかったと言っていました。
やはり年齢的なことがあるのかなあと感じています。


私は32歳で結婚し、33歳で主人と暮らし始めました。
もともと子宮内膜症で婦人科に通院しピルをずっと飲んでいました。
結婚して飲むのを止めると1年くらいでまた症状が重くなり、
そうすると手術してお腹の中を綺麗にするか、妊娠するかの2択なんですね(;´・ω・)。
普通に生活できているのに体にメスを入れるのは嫌で
34歳で不妊治療を始め、有難いことに35歳で授かることができました。


不妊治療の病院は子連れで来る方も多く
(世に言う二人目不妊とやらでしょうか)
1人産めたならいいじゃないか、ちくしょー!とやさぐれた時もありました。
でも1人授かると、やっぱり兄弟も作ってあげたい。
2人目もほしくなっちゃいますね。
そしてそれは他人ではなく、夫婦で話し合って決めること。反省です。


主人とは日々お互いの白髪を数えたり切ったり。
若い夫婦ばかりだったらどうしよう!と参加した
母親学級やマタニティの習い事も今のところすんなり、違和感なく過ごせています。
高齢主産でよかったと思える点は
安定期に入り妊娠報告した際に互いの親が泣いてくれたことでしょうか。
ぽこちゃん、生まれる前からみんなに愛されてよかったね。
あとはマタニティハイにならなかったことです。
(妊娠はデリケートな問題ですので)


赤ちゃん早く会いたいな、でもまだ出てきちゃだめよ。
あと少し我慢して、するりと生まれてきてね(^^)。

コメント

コメントはありません

コメントを投稿

<システムメンテナンスのお知らせ>
2019年10月18日(金)15時以降にいただいたご投稿は、12月5日(木)より順次対応させていただきます。予めご了承ください。
コメントは、2019年10月21日(月)15時~12月5日(木)9時まで受付を停止させていただきます。
なにとぞご了承いただきますようお願い申しあげます。

ページトップへ

アサヒグループ食品和光堂製品はアサヒグループ食品が販売しています。