プレママ日記

妊娠中のママがおなかの赤ちゃんとの成長記録を公開中!

※日記の内容は、ライター個人の意見です。体調変化等の実感には個人差があります。

プレママ卒業!

2016.08.04

ニックネーム: ふぅかさん
産後:3週
プロフィールを見る


プレママ卒業!


2016年07月13日 39w1d
予定日より6日早く
3092gの元気な産声の娘ちゃんに
会うことが出来ました。


前日の12日の39wの検診で
初めての内診ぐりぐり。
ちょっと痛いかな?くらいで
子宮口2センチ開で順調とのこと。
赤ちゃんはまだ上にいるけど
2900gはあるし、
いつ産まれても大丈夫と
言われました。


その帰り(12時頃)に漏れた感覚が。
薄いピンクも混じってたので
内診のせいか、と家に帰りました。


でも、歩いたり力入るたび
トイレと関係なく出てくるので
これはまさか、と
病院に連絡して向かうことに。
(13時頃)


診察の結果、破水と言われ
そのまま入院になりました。
受付の人に「おかえりなさい」と
言われたのは
ちょっと恥ずかしかった(笑)


14時半頃に旦那さん到着。
お部屋で話したり
入院の説明受けたりしました。


まだこのときは
生理始まる前くらいの痛み。


夜ご飯の頃には
ちょっときつくなってきて
痛みの間で7割ほど食べました。
後に前駆陣痛と知りました。


ちょっとずつ
痛みは増してくるものの
まだ余裕がありました。
9時頃に一度先生の診察があり
3センチで
まだまだかかるから、と
旦那さん一旦帰宅。
私も体力温存のために
寝ておいてねと言われました。


しかし、
ここからが早かったです。
22時頃には本陣痛なのか
枕や布団にしがみつかないと
我慢できないくらいの痛みが。


思わずちょっと唸ってしまいました。
旦那さんには
ラインで「ちゃんと休んでね」
なんて送っていましたが
これが一晩はもたない、と
少し弱音が心の中でポロリ。


助産師さんに
モニターしてるときに
張って痛いときに
ちゃんと呼吸してあげないと
赤ちゃんしんどくなってるよ!
と言われて
はっと我にかえり
呼吸法クラスでしたことを
思い出しながら
息をしっかり吐いてを意識。


23時前には
5センチになっていて
そのまま陣痛室に移動。
ここからしばらく一人で
ピークへと向かう陣痛と戦いました。


前駆陣痛が3~5分
本陣痛は最初から
2~3分あるかないか
くらいの間隔できてたので
心の準備もなく


ひたすら次から次へとくる
言葉に出来ない痛みといきみに
必死に自分を奮い立たせて
習ったことを思い出しながら
ベッドの端や手すりにしがみついたり
横の壁に手をついて押したり
足はクッションを挟んで
手も足もブルブル震えるくらい
力を入れていました。


モニターにうつる
赤ちゃんの心拍数が
一人じゃないよ、
私も頑張ってるよと
教えてくれてるようで


それに心が支えられて
頑張るぞ、もうすぐ会えるんだと
さらに奮い立たせることが出来ました。


日付が変わる頃に
助産師さんが電話してくれて
旦那さん到着。
ちょうど陣痛きてて
凄い姿を見せてしまいましたが(笑)
どれだけ嬉しくて
一気に心強くなったか!


愛用している抱き枕を
持ってきてくれて
それにしがみついて
旦那さんに押して押さえてしてもらい
いきみたいのが急に
すごく強くなり
一時間もなく一気に全開に。


無理ー!いたいー!
って弱音ちょっと吐きながらも
痛みの薄れたタイミングで
分娩台へ。


点滴入れたりされてても
陣痛が痛いから
他の痛みは感じませんでした。


いきんでいいよ、と言われて
そこからはひたすら
心の中で赤ちゃんに
頑張れ!もうすぐ会えるよ!
と語りかけながら
大きく響く心拍と旦那さんの声かけに
元気をもらいながら
いきむの頑張りました。


最後、骨盤に頭がはまってる
感覚がしてからは
腰の辺りの痛みがすごく
いたいよーと言ってしまったり
しましたが(笑)


先生が切開した瞬間に
すーっと楽になり誕生しました。
所用時間7時間24分で
初産としては
スピード+安産だったみたいです。
産まれてきてくれた
あの瞬間は忘れることが
出来ません。


旦那さんと二人で
思わず涙しました。


赤ちゃんと旦那さんに
「ありがとう」ってちゃんと
伝えることが出来てよかった。


ちなみに
歌をしていたので
そのときの腹筋を意識して
いきんでいたら
「いきむの上手いね」と誉められて
「ボーカリストは安産」と
学校の先生に言われた意味が
やっとわかった気がします。


これから出産を迎える方へ。
出産は赤ちゃんとママの
一番初めで大切な共同作業です。
陣痛はきれいごとではなく
言葉には出来ない痛みです。
でも陣痛が来てるとき
赤ちゃんも苦しいですし
一生懸命産まれてくるために
頑張ってくれているんです。


陣痛が来るまで
期待と同じくらい
不安もあった、
痛いのが苦手だった私ですが
赤ちゃんと一緒に頑張ってるんだ
そう思うだけで
すっと気持ちが軽くなって
頑張るぞ!という
前向きな気持ちに変わって
痛みにも耐えることが出来ました。


出産はゴールがあります。
産まれてきてくれた瞬間の
感動はまた言葉には出来ません。


元気な赤ちゃんに
皆さんも会えますように。
少しかもしれませんが
安産のパワー置いていきます。


短い期間でしたが
本当にありがとうございました!

コメント

コメントはありません

コメントを投稿

<システムメンテナンスのお知らせ>
2019年10月18日(金)15時以降にいただいたご投稿は、12月5日(木)より順次対応させていただきます。予めご了承ください。
コメントは、2019年10月21日(月)15時~12月5日(木)9時まで受付を停止させていただきます。
なにとぞご了承いただきますようお願い申しあげます。

ページトップへ

アサヒグループ食品和光堂製品はアサヒグループ食品が販売しています。