プレママ日記

妊娠中のママがおなかの赤ちゃんとの成長記録を公開中!

※日記の内容は、ライター個人の意見です。体調変化等の実感には個人差があります。

二週間健診終えました。

2015.04.29

ニックネーム: かえるとネパールさん
産後:2週
プロフィールを見る


二週間健診終えました。


4月12日に3558グラムと大きめの女の子を出産しました。
助産師さんに「でっかい!よく下から産めたねー」と言われてしまいましたが・・・


月曜、39週健診。
いきなり3800-3900グラムとか推定が出て、
計りなおされ、3500-3600になる。
でも、すでに遅れるって思っていたので、
巨大児!とショック。そのままマタニティヨガへ。
臨月の精神状態は、悪阻時より不安定でやばかったです!!!
毎日点滴と鍼の悪阻もしんどかったけど・・・


火曜、散歩に行かずごろごろ。起きたくない!


水曜夜おしるし、木曜陣痛らしく産院にいくも前駆陣痛で返され、ブルーに。オオカミ少年て思われたら、次行きにくい。


金曜は歩きたくないとごろごろ。
散歩なんかしたら戻ってこれるかわからん。
それでも規則的な痛みが。今から思えば陣痛とは比べ物にならないけれど、すでに寝不足になる程。
出産前は寝ておいた方が本当にいいです。
鼻呼吸も大切だから、鼻づまりもだめ。


土曜、東京から来た旦那と70分散歩。15分で行ける距離。
辛い散歩でした。
規則的な痛みはあっても間があくので、その間、ブラタモリなどを楽しみました。


日曜午前3時に旦那と母を起こして
産院へ。
どうしようもなくお尻が痛い。
旦那はお風呂に入らず寝て、しかも疲れていたので陣痛椅子で寝る。
体力のない母と交替で食事や、健康ランドでお風呂。付き添いも体力です。


午後3時ごろ陣痛が遠のき、
「帰宅する?シャワーしたほうがいいよ」と
情け容赦のない助産師さん。
その1時間はバースプランなどを書き込む余裕あり。
で、このままでは旦那が東京に戻ってしまう、日曜のうちに産まなきゃと思い、
トイレにいって、気張ったところ破水。
午後4時から巻き返し、5時間21分の記録上は「安産」で午後9時過ぎに出産しました。


本当、人によりけりなんだと思いました。
ネットとかたくさん見ましたけど・・・
陣痛がもっと楽な人もいるだろうし、
すでに前駆陣痛で寝不足の私は産後、
すぐの母子同室、2時間おき授乳についていけなくて、朝方4-5時間は助産師さんに預かってもらいました。
でもそれでよかったかな、って思います。


母乳礼賛、自然分娩!という産院だったので
それはそれで良しあし。
産院選びは、私は選択肢がなく、ここでよかったと今からは思いますが、選べる人は、すごくポリシーが分かれるので慎重にしてくださいね。
会陰も、こんな大きい子なのになぜ切開せずに裂けたの!!って疑問には感じてます。
ふぅ。
パーフェクトなお産なんてないです。
きっと感じ方も、あきらめや覚悟も皆違うから、痛みも違うんだろうなぁ。


全ての経産婦さん、母たちはえらい!
ますますそう思います。
育児や赤ちゃん自身も千差万別なんだと悟りました。


たまたま夫が東京から週末だけ来てくれた時に間に合いました。分娩直後、翌朝の飛行機の便をとって帰京しましたが仕事の方も支障なく。ただ、里帰りで大阪なのでだいぶ往復に体力とお金を使っています><


「プレママ日記」にもっと投稿したかったのですが、前駆陣痛が思ったより痛かったり、背面痛・仙骨痛・肩こりがひどく、カロナールのお世話になっていたため、なかなかでした。
申し訳ないです。
妊娠糖尿病の影響もおそらくなく、(でも大きめですが)、低血糖でもなく、大変健康な赤ちゃんです。成長が速い!


本当は2-3時間おきの授乳なんですが、体重が順調に増えていることもあり、ここ2-3日は昼は3-4時間おき、夜は6時間寝ていることもあり、これでいいのか・・・と悩みつつも、少し生活サイクルができてきました。


今後、大阪から東京に移動して生活を始めるのにまたパワーが必要ですが、産褥期をゆっくりして、自分の身体も大切にして、赤ちゃんにやさしく明るく接したいです。
早く、親子でピラティスやスイミングをしたいなぁ。
色んな人にだっこしてもらって、たくさんの経験をしてもらいたいなぁ。
なんて。


産まれるまで話しかけが出来なくて
産まれたら劇的に変わるかと思ってましたが
身体はがたがたでなかなか余裕がありませんでした。
38歳ですし。
けど、中間健診でほかのママもがんばってる姿をみて、
「見つめあって、話しかけて、笑顔でスキンシップ」って自分に言い聞かせています。
そしたら、独り言(!)が増えて赤ちゃんに話しかけたり抱っこする時間が楽しくなってきました。
これから母性も育っていくんでしょうね。


しかし、出産は陣痛が肛門やお尻に来るタイプで、1回でいいって感じでした。
おなかに痛みを感じることがついぞなく、
会陰もばりばりさけて二度裂傷、軟産道強靭てなってました。
けど、マタニティピラティスの呼吸やソフロロジ―は少し役になったようで、努力を惜しんじゃいけないと思いました。


臨月、足でけられまくりましたが、
相変わらずよく動く足と手で、
中間健診でも
「この子は、力強いなぁ」って医師に言われてました。
本当、不思議な気持ち。
臨月は苦しくて思い出したくないけど、
おなかにいたことや出産直後の感動を
(もう産まなくていいんだ、という安心感もありましたが・・・)
忘れないようにしたいです。


子供の可能性を狭めることなく
でも、茶道とかしてほしいなぁとか
一緒にいろいろしたいなぁって夢は広がります。
今はまだ不自由で不安のほうが多いけど
こんなにおなかに話しかけられず、
悩んでいた自分でも楽しくなってきたので
そういう方がいれば、参考にしていただきたいです。


もちろん退院前後はマタニティブルーになりました。
今も産後うつとか怖いですし、
妊娠糖尿病の食事制限の反動で、「食べたい!」って
ぱくぱく食べてたら、退院時より体重がやや増えてしまいました。
妊娠中は結局3キロ、悪阻からは6キロくらい増でしたが・・・


産後も、赤ちゃんの世話、そして、日々生活をまわしていくためのいずれは、旦那の世話、家事とやることはますます満載で、体調も皆言わないだけでがたがたなんだろうな、って思いますが、産んで良かったです!


今も娘がぎゃん泣きしてます、笑。そろそろかまってあげないと。
ありがとうございました。

コメント

コメントはありません

コメントを投稿

コメントを投稿するには、会員登録の後にログインが必要です。

  • 登録無料!わこ友新規会員登録はこちら
  • ご登録済みの方 ログイン→コメント投稿へ

ページトップへ

アサヒグループ食品和光堂製品はアサヒグループ食品が販売しています。