プレママ日記

妊娠中のママがおなかの赤ちゃんとの成長記録を公開中!

※日記の内容は、ライター個人の意見です。体調変化等の実感には個人差があります。

母子手帳ケース

2014.01.19

ニックネーム: SUZURANさん
妊娠週:12週
プロフィールを見る


母子手帳ケース


こんにちは、SUZURANです。
12週目に突入して、「少しお腹が出てきたかな?」と、夫と確認する毎日です。


できれば毎週、いや毎日、お腹の赤ちゃんの様子を確認したいくらいなのですが、
年明けに2回目の検診に行った時は、「次は4週間後ね」と言われてしまいました。。
でも、次からはお腹の外から機械を当てて超音波検査をするそうなので、
どれくらい大きくなっているか楽しみです。


さて、検査のたびに検査結果の紙をいただき、「母子手帳に挟んでおいて」と先生に言われるのですが、
だんだん、挟んでいるだけでは心もとなくなってきました。
受付で他のプレママが、しっかりしたケースから母子手帳や診察券を取り出すのを見て羨ましくなり、
なるほど、だから必要なんだと、私も母子手帳ケースが欲しくなりました。


ということで、ベビー用品店のプレママコーナーに行き、探してみることに。
た、高い・・・・・・(涙)。
シンプルなものでも2千円ちかくのいいお値段。
ポケットがたくさんついたものだとそれ以上。
結局、何も買わずに帰りました。


数日後、家でふと目にとまったのが、あるイベントでいただいたクリアケース。
海外旅行で、国際線の飛行機に液体の入った容器を持ち込むためのバッグです。
デザインもかわいいし、これだ!!と思いました!
しかも、裏側が大きなポケットになっていて、
病院で渡される妊娠カレンダーや領収書などを、とりあえず入れておくことができます。


早速、検査結果の紙を挟んで分厚くなった母子手帳や、妊婦健康診査受診票の冊子、袋分けで管理している診察費の封筒などを、どんどん入れました。
おまけに付いていた小さなクリアファイルには、超音波検査の写真を挟みました。
とってもいい感じです♪
唯一の欠点は、大きすぎてハンドバッグに入らないことですが、
検査の日には、図書館に立ち寄ったりお料理教室に行ったりと他の予定も入れることが多いので、大抵、大きめのバッグで出掛けるからいいかな......と思っています。


母子手帳ケースは見つかったし、使わず放っていたものを利用することができたし、まさに一石二鳥☆
プレママ生活は、工夫次第でいくらでも楽しくできるのだと実感した一件でした。


まだまだ寒い日が続きますが、皆さま、お元気でお過ごしください。

コメント

コメントはありません

コメントを投稿

コメントを投稿するには、会員登録の後にログインが必要です。

  • 登録無料!わこ友新規会員登録はこちら
  • ご登録済みの方 ログイン→コメント投稿へ

ページトップへ

アサヒグループ食品和光堂製品はアサヒグループ食品が販売しています。