ママとベビーの授乳日記

子育て中のママが授乳日記を公開中!

※日記の内容は、ライター個人の意見です。体調変化等の実感には個人差があります。

これまでを振り返って

2020.08.06

ニックネーム: みずきさん
月齢:9か月1週
プロフィールを見る


あっという間に9ヶ月。
最近のブームは、おもちゃを持ちながらテレビ台でつかまり立ち。下の歯がすこーし生えてきて可愛い。夜泣きがピーク。そんな9ヶ月です。


これまでを振り返って、妊娠が分かった日から今日まで、本当にあっという間だったなと思う。
妊娠が分かって、母子ともに問題もなく順調に出産ができて、問題無く退院できて、今日まで母子ともに病気もなく元気に過ごせて、本当に幸せだと思う。
じゃあ、今日まで毎日、幸せいっぱい!ハッピー!というだけではなかったな、というのが正直な気持ち。
もちろん、子どもは可愛いし、日々の成長が嬉しくて、一緒にいるだけであたたかい幸せな気持ちでいっぱいになる。でも、それだけじゃない。
何の不安も心配もない日なんてないし、身体が本調子で元気いっぱいなんて日もない。妊娠中から睡眠不足で、心身がずっしり重くて動きたくないときもある。それでもやっていかないといけなくて、怒涛の勢いで今日まで時間が過ぎていったなと思う。
出産してからのこの9ヶ月間は特に、2年のようにも感じるし、2ヶ月のようにも感じる。楽しいことも、悲しいこともあった。1日が長いと感じるときもあるけど、あっという間に駆け抜けた日々だったように思う。


出産当日の夜からマタニティブルーにどっぷりはまり、1ヶ月間は特に、自分自身を維持することに必死だった。
待ち望んでいた自分の赤ちゃんなのに、なんで可愛いと思えないんだろうと、悲しかった。
退院してからもおっぱいの悩みは尽きず、ミルクと混合でいくことに抵抗はなかったし、妊娠中からそのつもりでいたが、やっぱりなんとなく後ろめたさはあり、おっぱいについて調べたり、市の保健師さんや産院で事細かに質問した。
身体はバキバキ、何よりも情緒不安定で、貴重な新生児期の記憶はほとんどなく、「心がしんどい」という思い出しかない。母や夫がたくさん写真や動画を撮っていてくれて、本当に良かったと思う。
本当にマタニティブルーから脱したなと実感して、授乳も軌道に乗ってきたなと思ったのは、2ヶ月を過ぎた頃だったと思う。
それ以降もずっとおっぱいに関してはいろいろ細々と不安なこと、気になることはあれど、大きなトラブルなく、ミルクも飲ませながら、ここまですくすくとこれて本当に良かったと思う。


少しずつ少しずつ身体がしっかりしてきて、抱っこが楽になって、最近やっと片手抱っこも安定してきた。
ずり這いができるようになるまでは、膝に座らせてお腹を軽くマッサージしないとうんちをしない子だった。それが今では知らないうちに出ている。
少しずつ動くようになって、寝返りができるようになって、手を出して物を掴んで、お座りをして遊ぶようになって、つかまり立ちができるようになった。本当に成長したなと思う。
ただただ寝ているだけ、表情の変化も声を出すことも少ない頃は、毎日何をしてあげたらいいのか分からず、2人きりの時間が怖かった。おもちゃを渡したり、手遊びをしたりするけど、されるがままで、本当に楽しいのか分からず、何がこの子のこれからを形作るのかが怖くて、テレビが付けられなかった。ひたすら掃除をしていた。もうダメだと思って実家に帰ることもあった。
どんどん表情が出てきて、視点が定まってきて、自分で動いて、好きなものややりたいことができてきて、自己主張も激しくなってきて、そうやってこの子の成長とともに少しずつ、私の肩の荷も降りていった気がする。


その変化が嬉しくもあり、少し寂しくもある。
夜泣きが多いときや、予定通りにいかないとき、ぐずりが多いときなどなど、しんどいなぁと思うことは今も多々ある。でも、大きくなったなぁ、いつかは卒乳するのか、保育園に入るのか、小学校を卒業して...と、想像すると寂しくなる。寝不足はつらいけど、がんばろうと思える。


まだまだこれからこの子の人生は長いし、生きている限り子育ては続くんだと思う。
まだまだこれからも悩みは尽きないし、寝不足も続く。その度に、こうやって可愛い我が子から元気をもらって、自分を奮い立たせていくんだろうと思う。
これからもこの子の日々の成長を一番近くで感じていたい。

コメント

コメントはありません

コメントを投稿

コメントを投稿するには、会員登録の後にログインが必要です。

  • 登録無料!わこ友新規会員登録はこちら
  • ご登録済みの方 ログイン→コメント投稿へ

ページトップへ

アサヒグループ食品和光堂製品はアサヒグループ食品が販売しています。