ママとベビーの授乳日記

子育て中のママが授乳日記を公開中!

※日記の内容は、ライター個人の意見です。体調変化等の実感には個人差があります。

初めての予防接種

2015.07.08

ニックネーム: 萌葱さん
月齢:2か月0週
プロフィールを見る


初めての予防接種


ロミちゃんが生まれてから2ヶ月が経ちました。
予防接種を打たなきゃと思い、2ヶ月に突入する直前から病院の予約開始!!
ちょっと準備が遅かったようです。(反省)
主人が仕事で居ない日でも、私1人でロミちゃんを連れて行ける場所にある病院が良いと思い、
近所の内科に問い合わせて、ヒブと肺炎球菌の予防接種の予約をしました。
任意の予防接種のB型肝炎とロタウイルスも受けようかどうか迷っていたので、
電話で先生に相談しようとしたところ、何故か「詳細は市役所に聞いて下さい!!」と言われ、
ガチャンっと電話を切られてしまいました。(汗)
塩対応だったので、カチンときてしまいました。
なんとかネットで任意の予防接種の事を調べる事が出来たので、打つ事に決めて、
次の日、内科に任意の予防接種を受けたいのですが...っと、電話をかけてみたところ、
「ウチでは任意の予防接種は取り扱っていませんので、小児科に行って下さい。」と言われ、
内心えぇ~?っと思ってしまいました。
だったらなんで昨日問い合わせた時にそう言ってくれなかったのか?
受付の人に何か質問する度に、電話を保留にされてなんだか疲れてしまったし、
近所の内科は次回からはやめておこうと思いました。
任意の予防接種は、小児科で予約しました。
小児科の電話対応は、予防接種の事もとても慣れている感じで、保留にされたりする事無く、
予約はスムーズに取れました。
もし内科の予約がキャンセル出来るなら、ヒブも肺炎球菌も小児科で受けたかったのですが、
内科に問い合わせてみたところ「ワクチンが今日届いてしまったし、返品が出来ないので、キャンセルは出来ません。」との事で、渋々受ける事に・・・。


内科での予防接種当日の受付や先生の対応は、特に問題はありませんでした。
ワクチンについての詳しい説明を先生から聞いている間に、看護師さん達がロミちゃんのベビー服を脱がせてくれて、予防接種を受ける準備をしてくれました。
聴診器でポンポンしたり、お口をアーンして確認をしてもらった後、
「痛いけど頑張ってね~!!」っと、先生からお声をかけてもらい、先生と看護師さん二人に横向きにされて押さえつけられた状態で、注射を打たれました。
ロミちゃんのお顔がみるみる赤くなっていき、「ふぎゃぁ~!!」っと1分間程泣いてしまいました。
診察室を出て、待合室に居た時も少し泣いてしまいました。
帰宅後は静かだったのですが、主人が帰って来てから沐浴をさせて、予防接種の跡に貼ってあったバンソウコを剥がそうとしたら、お顔を真っ赤にしてギャン泣き。
可哀想だったけど、なんとか主人が剥がしてくれて、その後母乳をあげたりしたのですが・・・
授乳を途中で中断したりしても、何故か激しくギャン泣きしてしまい、何をしてもギャン泣きという状態が続き、「何処か痛いのかな?沐浴の時に足を捻ったりしてしまったのかな?」と、
私も主人も少しパニック状態に・・・。(汗)
普段は大人しくて、あまり泣かない子なんです。
こんなに激しく泣いてしまったのは初めてでビックリしました。
粉ミルクも作り、たくさん飲ませたらなんとか寝てくれたようで、ホッとしました。
ネットで調べてみたところ、予防接種を受けた日は、怖かった事を思い出して、泣きやまなかったりする事もあるらしいです。
次の日は、いつも通り大人しかったのでホッとしました。


内科で予防接種を受けた4日後に小児科に任意の予防接種を受けに行ったのですが、
1週間空けてからじゃないと打てないとの事で中止に・・・。(泣)
仕方なく7日に予約を延期して、首の汗疹が気になっていたので、診察を受けて、塗り薬を頂いて帰宅しました。
同時接種をしないと面倒臭いのですね。
次回からは小児科onlyで受ける事にします。


画像は、最近よく笑うようになったロミちゃんです。
口を開けて笑うようになり、とても可愛い笑顔を見せてくれるようになりました。

コメント

コメントはありません

コメントを投稿

コメントを投稿するには、会員登録の後にログインが必要です。

  • 登録無料!わこ友新規会員登録はこちら
  • ご登録済みの方 ログイン→コメント投稿へ

ページトップへ

アサヒグループ食品和光堂製品はアサヒグループ食品が販売しています。