ママとベビーの授乳日記

子育て中のママが授乳日記を公開中!

※日記の内容は、ライター個人の意見です。体調変化等の実感には個人差があります。

これまでを振り返って

2013.08.29

ニックネーム: うめさん
月齢:9か月0週
プロフィールを見る


これまでを振り返って


9ヶ月目を迎え、とうとう卒業となりました。


上の子の時には、手のかかる子で、夜泣きは酷いし、何をしても泣き叫んで、何をするにも大変さを感じて、育児ノイローゼに近い状態で、『子育て=物凄く大変』と言うイメージしか持てませんでした。
お座りするのも、ハイハイするのも、立っちも、何もかも遅くて、心配もしましたが、アッと言う間に小学4年生で、元気に育っていますので、どんなに手を焼く子でも、それなりにちゃんと育つんだな・・・って(笑)


息子は、グズる事も少なく、殆どご機嫌で、あまり手もかからず、何をするのも早くて、上の子とは、大違いで、同じ兄弟でも、随分と違うな・・・と思いました。
泣かないので、皆さんから、いじくり回されて、抱っこしてもらって、何処に行っても、可愛がって頂いています。
上の子は、物凄い人見知りで、泣き叫ぶので、私以外は、抱っこも出来なかったです(笑)


私自身、持病もあり、高齢出産と言うのもあって、出産は難しいと医師からも言われており、妊娠したのも奇跡に近いと言われていたので、実際に妊娠した時には、医師は驚きましたし、産む事にも反対されました。
かなり高い確率で、障害のある子が生まれますと宣告もされましたし、母子共に危険で、お母さん自身の生命も危険だとも言われましたが、現在息子には障害もなく、元気にすくすくと育っています。


妊娠中は、入退院の繰り返しで、産後も私は、危篤になりましたし、息子も計画早産で入院しましたが、順調に成長しており、母子共に元気に生活をさせて頂けるのも、病院の医師やスタッフの方々のご尽力と周りの方々の温かい励ましや手助けのお蔭だと、日々感謝して過ごしています。


出産して3ヶ月は、身体の調子も悪かったので、大変でしたが、3ヶ月以降からは、育児も楽しめました。
上の子の時には、何をしても泣き叫ぶし、物凄くカンムシと言うのか、とにかくご機嫌が悪くて、小児鍼にまで通ったので、上の子の子育ての思い出は、とにかくずっと泣かれて大変でしんどかった印象しかありませんでしたから、やっと子育ての楽しさを満喫出来ました(笑)
元気に無事に生まれて来てくれて、ありがとう!!


色々なお子さんが居るので、私みたいに、上の子の時は、物凄く大変で育児ノイローゼに近い状態の方もいらっしゃると思います。
凄く手のかからないお利口さんのお子さんの方もいらっしゃると思います。
御心配しなくても、愛情さえしっかり与えていれば、ちゃんと育ちます。
子育ては、イライラする事も多いですし、思い通りにもなかなかなりませんが、頑張り過ぎずに大らかな気持ちでやれば、何とかなるかなって、これまでの経験から感じています。


もし、どうしても悩む事があったら、周りのお友達やお母さんなどの身内に相談して下さい。
周りに相談が出来なかったら、何処の市町村にも、子育てに関して相談が出来る窓口があります。
私も悩んだ時期がありましたが、区役所の保健士さんに相談したり、周りの方々に相談したり、色々な方に相談しました。
一人で抱え込まず、相談しやすい場を自ら作って、頑張り過ぎず、ボチボチお互いに子育てを頑張りましょう。


和光堂さんのお蔭で良い経験をさせて頂きました。
これまで有難うございました。

コメント

コメントはありません

コメントを投稿

コメントを投稿するには、会員登録の後にログインが必要です。

  • 登録無料!わこ友新規会員登録はこちら
  • ご登録済みの方 ログイン→コメント投稿へ

ページトップへ

アサヒグループ食品和光堂製品はアサヒグループ食品が販売しています。