ママとベビーの授乳日記

子育て中のママが授乳日記を公開中!

※日記の内容は、ライター個人の意見です。体調変化等の実感には個人差があります。

久しぶりの農作業

2009.01.16

ニックネーム:kotaroさん
月齢:7か月1週
プロフィールを見る


久しぶりの農作業


昨年後半は両親の入院、自宅療養が重なり、両親は農業をやっているのですが、兄弟も後を継いでいないので、作っていた作物の出荷ができずにいました。


数件の有機団体に入っていて出荷いるんですが、主に卸しているスーパーの出荷は1〜2か月毎日出荷し続けなければならないため出荷を断念。
とりあえず、霜にやられないように土の中に埋めておくことにしました。


親戚のおじさん達と久しぶりに農作業の手伝いをしました。
袋詰めなどは結構やっていましたが、畑に出たのはもうだいぶ前になります。


みぃ。を母に預けて畑へ…
しかし母は孫を抱けないので、大泣きしたらと心配していましたが、取り外しのできるチャイルドシートに乗せて、ゆらゆら。


パパママだと「抱っこ〜」と泣いてしまうのですが、母のゆらゆらは大丈夫な様…


寒い中「どこかのおばさんかと思ったよ」とおじさん。
「ははははは。」人には見せられない格好です。
頭・顔もホコリで真っ黒になってしまうので、農業用の帽子、顔にはタオル・マスク、手袋はビニール・軍手を三重がさね、格好よりも防寒です! 風邪をひいたら大変ですから!!


今回の作業はサトイモの土をはたいてバケットに乗せます・・・
しかし抱っこだっこの子育て中の私には腰がきつかった。
二日目には腰固まりましたから! 背中にシップ6枚張り!!


しかし、それよりもきつかったのは手でした。指先は硬くなってひび割れて、クリームを塗っても痛い、曲がらない(悲
本当にこんな思いまでして育ててくれた両親に感謝です。


3日間で作業はどうにか終わり、両親の心配も1つ減らせました。


作業を終えて、入院している父の所へ。
みぃ。も優しいジイジが大好きです。


父は今までもやせていましたが、今回の入院で本当にやせてしまいました。
いつでも野菜の話を楽しそうに話し、仕事が趣味のように働いてきました。
しかしもう農業をやる事はできません。


「お父さん、本当に農家は大変だわ〜」
父はひび割れた私の手を見ながら
「最初はいたいけど、俺なんかツルツルだぞ」
やせ細って黒ずんだ手・・・
何も言えませんでしたが、みぃ。が差し出した父の手を両手でギュっと笑いながら引っ張っていました。


みぃ。なりの「早く良くなってね」って事なんだね!と3人で笑っていましたが・・・
本当に子供は天使ですね! 今まで沈んでいた空気がふわふわした空気に変わってしまうんですから。


ごめんね、これから今まで出来なかった分、みぃ。と親孝行していくからね。
明日も頑張ろうっ♪

コメント

コメントはありません

コメントを投稿

コメントを投稿するには、会員登録の後にログインが必要です。

  • 登録無料!わこ友新規会員登録はこちら
  • ご登録済みの方 ログイン→コメント投稿へ

ページトップへ

アサヒグループ食品和光堂製品はアサヒグループ食品が販売しています。