和光堂

ようこそゲストさん

プレママ(妊婦)・ママの情報なら和光堂わこちゃんカフェ

離乳食の進め方 12〜18か月頃離乳食の進め方 12〜18か月頃

1日3回の食事のリズムを大切に、生活リズムを整えましょう。
自分で食べる楽しみを手づかみ食べから始めましょう。

離乳食の仕上げの時期です。歯ぐきでかんだり、
つぶしたりできるようになります。

進め方のポイント

  • 大人の食事を利用して献立に変化をつけたり、食卓に楽しい雰囲気をつくりましょう。
  • 1歳を過ぎたら、牛乳かフォローアップミルクを1日400mlコップであげるようにしましょう。
  • 暑いときや汗をたくさんかいたときには、水分の補給に配慮しましょう。
  • 手づかみで食べようとします。手で持って食べやすいように切るなど工夫しましょう。
  • おやつは食事で取りきれない栄養素を補うのに大切です。
    生活のリズムが整い、食事と食事の間がかなりあくような場合や、食欲が旺盛な赤ちゃんには1日1〜2回、時間と量を決めておやつをあげてもよいでしょう。しかし必ずあげなければいけないものではありません。次の食事の妨げにならないようにします。

あげ方の一例

あげ方の一例あげ方の一例

離乳食
1日3回
フォローアップミルク
1日2回 ▶ぐんぐん200ml×2回

※離乳食が十分でない時はさらに補ってあげましょう。

離乳食
1日3回
フォローアップミルク
1日2回

▶ぐんぐん200ml×2回

※離乳食が十分でない時はさらに補ってあげましょう。

調理形態

火を通し、歯ぐきでつぶせる固さ、大きさにしてあげましょう。(肉だんご程度)

大きさ・かたさ

  • おかゆ
  • にんじん
  • おさかな

1回にあげる食品と量の目安

区分

目安量

参考文献:「授乳・離乳の
支援ガイド 実践の手引き」

穀類軟飯 ご飯
90〜80g
パンロールサンドにすると、手に持って食べやすい。
めん類軟らかくゆで2〜3cmの長さに切る。
野菜
果物
40〜50g 野菜・果物類軟らかく煮ればほとんどの野菜、果物を使うことができる。
手づかみ食べには手に持ちやすい大きさに調理する。

または
15〜20g 魚類新鮮でうす味のものであれば干物も使える。
肉類ひき肉の固めた料理。脂肪の少ないうす切り肉を刻む。
厚焼きの卵、オムレツ(生卵以外何でも良い。)
その他ウィンナー、ハムなどの加工品は、添加物や塩分の少ないものを選ぶ。

または
15〜20g
豆腐
または
50〜55g

または
全卵1/2
〜2/3
乳製品100g
  • ※量はあくまでも目安です。お子さまの食欲や成長・発達に応じて調整しましょう。
  • ※量は1回1食品を使用した場合の値です。例えば米とパンをあげる場合は、示してある量のそれぞれ1/2程度を目安としましょう。
  • ※調理しにくい食材、用意しにくい食材はベビーフードを利用しましょう。
  • ※食物アレルギーのあるときは医師に相談しましょう。

軟飯1杯にかわる熱量源(90g:熱量96kcal)

「日本食品標準成分表2015年版」より算出

食品名(g)目安
ゆでうどん911/2玉弱
マカロニ(乾)25子ども茶わん
4分目
食パン368枚切1枚弱
オートミール25大さじ4
食品名(g)目安
さつまいも72中1/3本
さといも166卵大2個
じゃがいも1261個

1回にあげる食品の量

「日本食品標準成分表2015年版」より算出

食品名(g)目安
ひらめ(ほぐし)15〜18小さじ5
しらす干し13〜15大さじ2と1/2
まぐろ赤身11〜13さしみ大1と1/2
鶏レバー16〜18大さじ3
鶏ささみ13〜151/3本強
食品名(g)目安
豚ひき肉17〜20大さじ1
ひきわり納豆18〜21大さじ1と1/2
豆腐(絹ごし)60〜70大さじ4
ヨーグルト(無糖)80〜100大さじ6
スライスチーズ13〜153/4枚

※個数、パックなどで表示されている目安は、実際の食品の大きさや内容量によって多少の違いがあります。

母乳、ミルク、離乳食の量はあくまでも目安です。お子さまの食欲や、成長・発達の状況に応じて調整しましょう。

離乳食の進め方トップへ

12〜18か月頃におすすめのベビーフード

ページトップへ