和光堂

ようこそゲストさん

プレママ(妊婦)・ママの情報なら和光堂わこちゃんカフェ

離乳食の進め方 9〜11ヶ月頃(後期)離乳食の進め方 9〜11ヶ月頃(後期)

食事のリズムを大切に1日3回食に進めていきましょう。

歯ぐきでつぶせる固さのものが
食べられるようになる時期です。

進め方のポイント

  • この時期は、鉄が不足しやすいので赤身の魚や肉、レバーを利用しましょう。
  • 味覚が発達してきます。いろいろな食品に慣らし、味付けも工夫してさまざまな味を経験させましょう。
  • 手づかみで食べようとします。
    手で持って食べやすいように切るなど工夫しましょう。
  • 暑いときや汗をたくさんかいたときには、水分の補給に配慮しましょう。
  • 家族一緒に楽しい食卓体験を。
  • 離乳食の進み具合に個人差がでてきます。あせらず根気よく。

あげ方の一例

あげ方の一例あげ方の一例

離乳食
1日3回
フォローアップミルク
1日2回+(離乳食後1〜3回) ▶ぐんぐん200ml×2回+(離乳食後100ml×1〜3回)

1日の目安量550〜700ml

※離乳食が十分でない時はさらに補ってあげましょう。

離乳食
1日3回
フォローアップミルク
1日2回+(離乳食後1〜3回)

▶ぐんぐん200ml×2回+(離乳食後100ml×1〜3回)

1日の目安量550〜700ml

※離乳食が十分でない時はさらに補ってあげましょう。

調理形態

火を通し、歯ぐきでつぶせる固さにしてあげましょう。(バナナ程度)

大きさ・かたさ

  • おかゆ
  • にんじん
  • おさかな

1回にあげる食品と量の目安

区分

目安量

参考文献:「授乳・離乳の
支援ガイド 実践の手引き」

穀類全がゆ 軟飯
90〜80g
パンやわらかいパンは小さくちぎる。トーストはミルクに浸しても良い。
軟飯お米1:水2〜3で炊いた軟らかめのご飯。
うどん軟らかくゆで、1〜2cmくらいの長さに切る。
いも類つぶし方を粗めにする。
野菜
果物
30〜40g 野菜類食物繊維の多い野菜以外は軟らかく煮れば、ほとんどの野菜、果物を使うことができる。手づかみ食べをしたい子どもには、手に持ちやすい大きさに調理する。

または
15g 魚類いわし、あじ、さんま等の青皮魚は十分に加熱する。
肉類鶏レバー、豚、牛の赤身をひき肉状にして調理する。
大豆製品軟らかく煮てつぶす。
全卵が使えたら、マヨネーズを使用してもよい。
乳製品プレーンヨーグルト(無糖)、チーズは塩分や脂肪分の少ないものをおかゆに入れて加熱し溶かすと食べやすい。

または
15g
豆腐
または
45g

または
全卵1/2
乳製品 80g
  • ※量はあくまでも目安です。お子さまの食欲や成長・発達に応じて調整しましょう。
  • ※量は1回1食品を使用した場合の値です。例えば米とパンをあげる場合は、示してある量のそれぞれ1/2程度を目安としましょう。
  • ※調理しにくい食材、用意しにくい食材はベビーフードを利用しましょう。
  • ※食物アレルギーのあるときは医師に相談しましょう。

1回にあげる食品の量

「日本食品標準成分表2015年版」より算出

食品名(g)目安
ひらめ(ほぐし)13〜15小さじ4
しらす干し11〜13大さじ2
まぐろ赤身10〜12さしみ大 1切れ
鶏レバー13〜16大さじ2
食品名(g)目安
鶏ささみ11〜131/3本
ひきわり納豆15〜18大さじ1と1/3
豆腐(絹ごし)50〜60大さじ3と1/2
ヨーグルト(無糖)80大さじ5

※個数、パックなどで表示されている目安は、実際の食品の大きさや内容量によって多少の違いがあります。

母乳、ミルク、離乳食の量はあくまでも目安です。お子さまの食欲や、成長・発達の状況に応じて調整しましょう。

離乳食の進め方トップへ

9〜11か月頃におすすめのベビーフード

ページトップへ